« 立ったまま書け!踊りながら書け! | トップページ | ゲームオブスローンズ第4章レンタル解禁!えらいこっちゃ! »

2015年6月16日 (火)

立ったまま編集しろ!踊りながら編集しろ!

◆立ったまま書け!
文章の書き方の本で「立ったまま書け!踊りながら書け!」という文を読んで思い出しました。
映画編集について書かれた「映画の瞬き」という本にもまったく同じようなことが書いてあったことを。
原文をもう1度確認したくなって、図書館で借りてきました。

Blink


はからずも「座る」という言葉を使ったが、実は私は立って作業をする。
テーブル型のKEMの場合には、私の身長にちょうど合うように、床から15インチに高さを上げて据える。

(中略)

編集は外科手術のような作業だ。しかし椅子に座って執刀する医師を見たことはない。
編集を料理にたとえることもできるが、コンロの前に座って料理するコックもいないだろう。
いろいろなたとえがある中で、個人的に編集作業にもっとも近いと思えるのはダンスだ。
映画の完成作品はある意味ダンスの結晶体である。
でも、椅子に座ったまま踊り続けるダンサーもやっぱり見かけないでしょう?
(「映画の瞬き」p60~62より)

オレの記憶力もまだまだ大丈夫そう。


◆本のタイトルについて
ところでこの本のタイトルは「IN THE BLINK OF AN EYE」、直訳すると「まばたきする間」なんですね。
「編集」という単語は出てこないのか・・・

このタイトルから、かねがねアニメーションづくりで不思議に思っていたことがちょっとわかった気がします。
説明が難しそうだけど、いつか書けたらいいなぁ。

« 立ったまま書け!踊りながら書け! | トップページ | ゲームオブスローンズ第4章レンタル解禁!えらいこっちゃ! »