« 2016年8月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年10月

2016年10月10日 (月)

「Don't Breathe」「シンゴジラ」「君の名は」映画はひとりでつくる時代?

TBSラジオ「たまむすび」の町山智浩映画紹介コーナーで、「Don't Breathe」が取り上げられました。
なんでもこの夏全米で大ヒットした作品だそうで。
そこで監督のフェデ・アルバレスの経歴を聞いて思い出したのが8年前のこの記事。

南米ウルグアイのCGアーティスト、ハリウッドから巨額のオファー(2009年12月25日)

この人だったのかっ!!!

Ataque_de_pnico_panic_attack_2009mp

2009年当時、ネットでも話題だったので私のブログでもふれてました。→3DCGシンデレラストーリー(2009.12.22)
大半の人にとってはどうでもいいことですが、私が手さぐりでCGアニメを作り始めた年でもあります。
100万光年離れてしまったな(遠い目)。


◆「シン・ゴジラ」!「君の名は」!
「1人でなんでも作っちゃう監督」の大ヒットなら、日本も負けていません。言わずと知れた「シンゴジラ」と「君の名は」。
どちらも「1人の監督がプレビズ(曲でいうデモテープ的なもの)を限界まで追求した」ということをネット記事で読みました。

確かにゴジラのクレジットで、本編スタッフに並んでプレビズのスタッフ名が並んでました。監督はもちろん庵野秀明本人。スタッフ名も見なれた名前がズラリ。
一方新海誠監督は1日15時間、半年かけて1人で君の名のプレビズを作りあげたとあります。
1人の人間が作った映画が、マーケティング優先映画を追いこしはじめたように思えて仕方がありません。


◆算法少女
脱線します。
私の数少ない映像関係の知人、Artmic8neoさんの「算法少女」が年末に公開されます。

Web_yokoa01
http://sampo-shojo.oops.jp/

私がムービーづくりをはじめたときに「ひとりでもスゲー作品は作れるんだぜ!」ということを教えてくれた人です。
心の師匠といってもいいかも知れません。
この機会に紹介できるとことがとても嬉しい。

で、時間が余ったら私がひとりで作った動画も見てやってください。
20分ちょいありますので、ものすごくヒマなときにどうぞ。

2016年10月 6日 (木)

あのシーンを思い出して感動してくれ!

マンガ「アオイホノオ」10巻に私の大好きなエピソードがあります。主人公がはじめて作ったアニメを大勢の前で上映するシーン。心の中で「みんな、腰を抜かすなよ」とつぶやきます。

アニメが始まるとまず乱闘シーン。
主人公の心の声。
「ここはアニメ『あしたのジョー』第1話を参考に描いた!思ったほどうまくはいってないが・・・」

地面から巨大な手。
「今のは『ホルスの大冒険』の岩男モーグの出現シーンを参考にした!ぜんぜん同じように動いてなかったが、ホルスを知ってるやつは本物を思い出して感動してくれ!」

爆発シーン。
「この爆発もあまりうまくはいってないが『さらば宇宙戦艦ヤマト』の彗星帝国の爆発シーンを思い出して感動してくれればいい!」

と続きます。このあと主人公には悲惨な運命が待っているのですが、ネタバレはここまで。

私にはこの主人公の気持ちが痛いほどわかります。
「みんな!あのシーンを思い出して感動してくれ!」ってね。

私のアニメーション制作歴も日が浅いので、こんなのばっかり。
先日アップした動画にも「もろ」なショットがたくさんあります。
キャプチャ画像とともにこっそりご紹介。
パクリ元参考にしたのはどれもこれも古典中の古典ばかりです。


◆怒りで髪が逆立つ
本編0分20秒あたり。
父母のカタキと対峙した主人公は怒りで髪が逆立ちます。
01a

元ネタはこちら。
「風の谷のナウシカ」より、トルメキア兵に父を殺されたナウシカは怒りで髪が逆立ちます。
顔の向きこそ違えど、首の角度やカメラ位置までほとんど同じ。
01b


◆倒した敵が復活
本編0分55秒あたり。
倒したはずの敵がゾンビのように復活。
02a

「エヴァンゲリオンまごころを君に」より量産機復活のシーン。
カメラ位置やタイミングまでほぼ同じ。
02b


◆地面から巨大な手が!
本編1分20秒。
地面から出てきた手につかまる主人公。
03a

「太陽の王子ホルスの大冒険」より、島本和彦も参考にした岩男モーグの出現シーン。
絵柄的にはあんまり似てないけどルーツはこれでしょう。
03b


◆虚空に伸ばす腕
本編1分35秒。
絶望的状況の中、必死に刀に手を伸ばす主人公。
04a

またまた「エヴァンゲリオンまごころを君に」より、アスカが「殺してやる殺してやる」と手を伸ばすシーン
04b


◆なぎ払え!
本編2分15秒。
ドラゴンの火炎で一気に形勢逆転!
05a_2

おなじみ「風の谷のナウシカ」より、みんな大好き、巨神兵が王蟲の大群をなぎ払うシーン。
05b_2


◆パースがついた巨大戦艦を接写
本編2分45秒。
広角レンズで通り過ぎる船をフォロー。
06a_2

オリジナルはもちろんコレ。
06b


◆ゴミのようだ!
本編3分55秒。
巨大戦艦が敵のアジトに激突。
07a

見出しでバレバレですが、「天空の城ラピュタ」の戦艦ゴリアテ撃墜シーン。
07b2


◆目の下を「ピッ!」
ちょっと巻き戻して本編0分40秒あたり。
敵を倒すも主人公も目の下あたりを負傷。
08a

これは何かを参考にしたわけではないのですが、よく見かけるシーンです。検索してみると、Yahoo知恵袋にそのまんまの質問があったので笑ってしまいました。
 ↓コレ
アニメの主人公の顔に傷がつく時、なぜ目の下あたりの頬にピッと傷がつくパターンばかりなのでしょうか。

残念ながら原典は特定できず。
どなたかご存知でしたら教えてください。

以上を踏まえてあらためて動画を見るとさらに味わい深いかも知れません。

2016年10月 1日 (土)

自主制作アニメ最終回「地上(ここ)より永遠に」

セリフ、テロップなしで意味が通じるアニメを作ろうと悪戦苦闘しています。
このムービーはつづきものパート7。
でもご心配なく、これが完結編です。
ただ、そんなことがバレたら一見さんは誰も見てくれません。
なのでつづきものであることを隠してアップロードしているコンビニコミック方式です。


◆97%は外人
私のYouTubeチャンネルを見てくれるのは97%が外人さんです。
うち英語圏は約30%。
死ぬほど努力して英語でムービーを作っても、理解してくれるのは3割ほどです。
より広く見てもらうにはセリフ、テロップなしがベターでしょう。

いきおい物語は単純になります。
「桃から生まれた少年が3匹の家来とともに鬼退治」ぐらいのシンプルさでないと私には無理・・・セリフなしだとこれでもきついかも?
ベタでありがちな展開にせざるをえません。
しかし---

◆王道をなめてはいけない
ありがちを「王道」と言いかえることはできます。
邪道ストーリーだと、見ている人を納得させるのにちょっと時間と手間がかかるでしょう。
見るからに悪人ヅラした男が主人公とかね。
セリフなしとなるとなおさらです。

ドラゴンに乗った少女が1人でオーク軍団に立ち向かうなんて王道中の王道でしょう。ここでは「なぜオーク達が『悪い』のか?」などには触れません。テーマが深くなると画だけで説明するのは困難です。

熱血新任教師ははみ出し野球部を甲子園に連れていきます。
現代に恐竜を復活させて街中をパニックにおとしいれた黒幕は最後の最後に恐竜に食われます。
スペースファンタジーのラスボスは死んだはずの父親です。

・・・と書いて思い出しました。
今回のストーリーでもこのカット↓を入れたくて仕方なかったのですが、ぐっとこらえました。
ウケねらいで物語を破綻させるわけには行きませんからね。

I_am_your_father


◆プレイリスト
パート1から見てやろうという奇特な方はこちらをどうぞ。
全7話で20分ちょいあるのでお時間のあるときにでもぜひ。

« 2016年8月 | トップページ | 2016年12月 »