« 2017年3月 | トップページ | 2018年2月 »

2017年6月

2017年6月20日 (火)

フォトバッシュ静止画を動画に

見よう見まねで作ったフォトバッシュ画をながめていると、動かしたり音を入れたくなってきます。

Step04a

エフェクトの煙とかを動かしたいなぁ、とか。
音はやっぱり---
Gogogo
かなぁ、とか妄想はふくらみます。

さらに

動画にするなら主人公たちの感情も描きたいもの。
宇宙船に遭遇してあっけにとられるカットも考えちゃいます。

Storyboard01

この完璧な絵コンテ(笑)をもとにできたのがコレ。
全長16秒の超大作。
お笑いください。

実際にアニメーションしてるのは「振り向く」と「まばたき」だけのほんの数コマ。
あとは静止画を揺らしたりズームするだけの手抜き動画です。

続きを作るとしたら、この直後からBGM(♪デーンデーンデーンデーンドンドン・・・的な)がはじまって、パニックになる街のようすや主人公たちの行動が描かれます。妄想がますますふくらむなぁ。

2017年6月13日 (火)

フォトバッシュ初挑戦の記録

「フォトバッシュ」は比較的新しい言葉だと思います。
誤解を恐れずにいえば「 写真を加工して美麗な風景イラストを作る」ことです。

【フォトバッシュ背景講座】写真から作る風景イラスト

参考書籍も発売中。
すかさずアフェリエイト。

個人的な印象ではSF、ファンタジー系の風景を作る場合、イチから描きおこすよりずっと簡単そうに思えます。
さっそく参考書を見ながら「日常に突如あらわれた巨大宇宙船の前にたたずむ主人公」の作例をまんま真似します。
でも本当に手順通りやるとこんなの(↓)ができるんだろうか?(クリックで拡大表示)

A47fcabdbf7a015baf8e34a9fc396802

さっそくチャレンジ。


◆ステップ1.ラフを描く
参考書によると、まずはイメージラフを作るべし、とあります。
細かなテクニックよりも大局観が大事、ということでしょう。
素晴らしい。
写真素材はお手本と同じものが支給されます。
初心者なので、参考書通りにやってみました(クリックで拡大表示)。

Step01a

・・・なんだか似ても似つかないものに?
肝心の宇宙船を手描きしてるんですが、どうにも見本通りになりません。
まあいいや、本番で挽回だ。

人物イラストにもちょっと挑戦してみましたが、私にはハードルが高すぎました。けっきょく3DCGツールPOSERで作って配置してます(余談:このムービーの登場人物です)。


◆ステップ2.本番1-写真を組み合わせてみる
ラフで描いた宇宙船がショボすぎるので、これまたPOSERの宇宙船を配置しました(ズル)。
ネットで無料で拾ったものです(クリックで拡大表示)。

Step02b

ここまではほとんど写真を切り貼りしただけ。
作業もほとんどマウスだけで、ペンタブは使ってません。
ここからイラスト的に加工していくことになります。


◆ステップ3.本番2-イラストっぽくする
ステップ2でできたコラージュに光や空気感、さらに遠近感的雰囲気を描き足してイラストっぽくしていきます。
こんな感じ(クリックで拡大表示)。

Step03a

ああでもない、こうでもない、と試行錯誤をくり返した結果なのですが、どうにも写真っぽさが払拭できません。
数をこなして経験を積むしかないんだろうか?


◆ステップ4.本番3-主人公を配置して完成
ラフのときに作った人物画を配置しました。
サイズは少し小さくしてます。
少しでも宇宙船が巨大に見えるように涙ぐましい努力の一端です(クリックで拡大)。

Step04a


以上、フォトバッシュ初挑戦の記録でした。
これに負けずに別の作例にも挑戦してみようと思います。

« 2017年3月 | トップページ | 2018年2月 »