« 2019年1月 | トップページ

2019年5月

2019年5月31日 (金)

ゴジラキングオブモンスターズ初日ネタバレ雑感

ゴジラキングオブモンスターズ初日見てきました。
登場人物全員がバカな映画でした。
怪獣バトルを楽しむつもりが、脚本が雑すぎて入り込めず。
世間の評判は悪くなさそうだけど、私は駄作だと思います。
思いつくまま書いてみます。
ネタバレ全開。

◆ちょっとした不安
冒頭。
この世界には怪獣をコントロールする装置があるようです。
装置を発明した夫婦は今は別れており、母と娘が一緒に研究しています。
息子は前回のゴジラvsムートーで死んだらしい。
安っぽい家族愛展開が予想されてちょっと不安になります。

装置を使って母と娘はモスラを誕生させます。
巨大な幼虫を前にしてなぜか喜ぶ母子。
そこをテロリストが襲撃。
装置ごと母子を拉致します。
テロリストの親玉がチャールズダンスでワクワク。
タイウィンラニスター様ならぬるい家族愛展開など許さぬはず。

そのころ元夫は渡辺謙たちと行動を共にしており、テロリストを追っています。

◆その名はモンスターゼロ
舞台は南極へ。
テロリストは装置を使ってモンスターゼロを復活させようとしています。
ストロング・・・違ったモンスターゼロ?!
大昔の東宝映画「怪獣大戦争」で敵役であるX星人が名づけたキングギドラの別称です。
テンションダダ上がりです!

ギドラは氷づけで復活のときを待っているのだそうです。
これってクトゥルフ神話?
そう来たか!
さらにテンションマックス!

復活はジラしてジラして・・・まだ先かな~?
と思ってたら意外とあっさりギドラ登場。
追ってきた渡辺謙一行も巻き込まれます。
兵士が銃で攻撃しますがギドラ様に銃なんて効くわけなかろう。

と思ったらこのギドラ、妙に人間を意識してます。
数人の兵士に対して3本の首でビームの集中砲火なんかしちゃいます。
なんだか小物っぽくてイヤ。
その姿を見ただけで、その名を口にするだけで戦慄が走るギドラ様を期待していたので、ちょっと拍子抜け。

そこにゴジラ登場。
装置が呼んだんだっけ?渡辺謙が呼んだんだっけ?忘れた。
とはいえスクリーンの端と端でゴジラとギドラが対峙するとやっぱりアガるものがあります。
すごいバトルを期待しちゃいますが、初戦は予告編以上のものはなかったような。
というか、画面で何が起こってるのかわかりにくいこと多し。
ギドラが飛び去って第1ラウンド終了。

◆意外でダサい展開に萎える
テロリスト側にいる元妻から通信が入ります。
ギドラを復活させたのは妻の意思であることがわかります。
人間は地球にとってウィルスみたいなもんだから怪獣で浄化するんだとか。

・・・なにそれダッセー!
それどこのサノス?
ここで物語から心がどんどん離れていくのがわかりました。
この辺から記憶が曖昧です。

ゴジラVSギドラの第2戦は海上での戦い。
渡辺謙たちが近くで見てると米軍から通信が入ります。
なんとオキシジェンデストロイヤーなる新兵器を撃ちこむから退避しろとのこと。
なんでも3キロ圏内の生物をすべて死滅させるとか。
初代ゴジラを倒した酸素破壊剤とは似て非なるもののようです。
そんなの核攻撃クラスにヤバいのに、大統領でもない大佐(?)ぐらいの判断で撃っちゃいます。
もう力なく笑うしかない。

ゴジラがギドラの首1本を食いちぎったところにデストロイヤー着弾。
魚がプカプカ浮いちゃいます。
ここは笑うところ?
ギドラは飛んでいきゴジラ死んじゃいます。
なんでもギドラは宇宙怪獣だから効かないんだとか。
はあそうですか。
それは困りましたね。

首がちぎれたギドラはどっかの山の頂上に鎮座します。
ちぎれた首が生えてきます。
邪神ちゃん並みの再生能力。

これって「ガメラ対ギャオス」の旧作で---
海上の戦い→ガメラがギャオスの足を食いちぎる→逃げたギャオスの足が生え変わる
のオマージュ?
どうでもいいか。

◆だんだんどうでもよくなってくる
どこかの火山からラドンが登場します。
なんでもギドラ様が電波送ってるんだとか。
初代ラドンは火山で燃えちゃいましたが、こいつは炎属性があるらしく、上空を舞うと下にいる人々が全滅します。
なんだかゴジラやギドラよりずっとヤバい感満載。

渡辺謙たちは人々を避難させようとします・・・だったかな?もう雑に見てるのであまり覚えてない。
街ひとつ壊滅状態ですが、オスプレイ1台分の人を救ってなんとなくお茶を濁します。
よかったね。

ラドンと米空軍の空中戦。
ラドンの回転技の前に全滅。
そこへギドラ登場。
ラドンにビーム撃っちゃいます。
ん?お仲間なんじゃなかったっけ?。
墜落したように見えたけど、もはやどうでもいい。

ギドラ様の電波のせいで各地に怪獣が出現します。
一瞬しか映らなかったので特定できませんが、クモンガとか髑髏島にいた奴とかがいたような。
東京に何が現れたのかちょっと気になるところ。

ゴジラのところにモスラが飛んできてゴジラ生き返ります。
はいはい、よかったね。
生き返ったゴジラは海底深くもぐっていきます。
なんでも地球は実は空洞なんだそうで(ビックリ)、海底に神殿みたいのがあってゴジラそこにいました。
そこで放射能を補給してるんだって。
もうなんでもアリ。

ゴジラのコンディションは最悪ですが、近くで核を爆発させると元気になるそうです。
軍人でもない渡辺謙が志願します。
なぜか誰も止めません。
初代の芹沢博士は命をかけてゴジラを倒しました。
この芹沢博士は命をかけてゴジラを復活させます。

ゴジラが復活すると伊福部マーチが流れます。
♪ドシラ、ドシラ、ドシラソラシドシラ
チームのみんなも船の上で復活を喜びます。
あんたら、今ここで核爆発あったばかりだから放射能まみれのはずなんだけど。

娘が怪獣をコントロールする音源を奪います。
ボストンだかの野球場でそれを流すとなぜか各地の怪獣がおとなしくなります。
異変を悟ったのか野球場にギドラが現れます。
追いかけるギドラ、逃げる娘---

ここで劇場を出ました。
登場人物が死のうが生きようが、ゴジラとギドラのどっちが勝とうが、心底どうでもよくなったので。
レンタルした映画を途中でやめるのはときどきあるけど、劇場では久しぶり。
この監督と脚本家の名前は覚えておくことにします。
(最後まで観てないから採点する資格ないけどあえて)5点満点中★2つ
★1つじゃないのは、モンスターゼロのくだりで本当に期待させてくれたから。

◆シンゴジラの感想を読み返してみた
公開初日に雑感を書いたのは思えばシンゴジラ以来です。
どんだけゴジラ好きやねん。
ちなみにシンゴジラは5点満点中★5つ。
劇場を出て興奮して3時間後にアップしたものなので間違いも多いし、感想も薄っぺらですが、あらためて読むと楽しい。

2016年7月29日 (金)
シン・ゴジラ初日、全力でネタバレしつつ雑感
http://ghidghid.cocolog-nifty.com/blog/2016/07/post-32ab.html

« 2019年1月 | トップページ